土地の名義変更に必要な書類

土地の相続や家などの相続を受けたという場合には、のちのことを考えて複雑なことになる前に、しっかり土地などの名義変更を行っておく必要があります。

放っておいて後で騒ぎになるよりも、相続がはっきり明確になっている時に土地の名義変更を行っておけば、問題も小さくて済みます。

さて・・では実際に土地の名義変更を行うとして、どのような書類が必要になるか?というと、まずは被相続人の除籍謄本や改製原戸籍が必要になります。

この場合、出征から死亡までのものが全部必要です。

被相続人の本籍地入りの住民票除票や、戸籍の浮標も必要です。

さらに相続する方の戸籍謄本や住民票、契約等に利用する印鑑証明書が必要です。

相続する土地などの固定資産税評価証明書、委任状、法定相続以外の場合、遺産分割協議書なども必要になります。

これらの書類以外にも土地の名義変更を行う方の状況によって必要な書類もあり、書類作成もかなり複座うなものとなります。

個人の方がこうした手続きを行うということもできますが、修正や必要書類不備などによって困難になってしまう場合もありますので、できれば司法書士などの法律の専門家へ依頼することが望ましいと思います。