土地の名義変更「生前贈与」で必要な書類

土地の名義変更サポートサイト

土地の名義変更でも生前贈与だった場合、必要な書類って何?

土地の名義変更「生前贈与」で必要な書類

自分が亡くなってから土地の名義変更等を行うというのは面倒なこともあるだろうから・・ということで、土地などの不動産等財産を生前贈与する、もしくは所有権移転登記などを行う方も少なくありません。

贈与が発生してから様々な手続きを行うのでは面倒なことも多いため、贈与、もしくは所有権移転登記を行うのです。

贈与というのは、自分が持っている財産を息子さんやお孫さん、そのほかの方に無償で与える藤いものです。

自分の財産を分けたいと思っている相手が、財産を贈与されることを受諾すれば、民法第549条によって贈与が成立します。

土地などを贈与するという場合、贈与税対象となります。

この贈与税に関しては名義変更の登記を行う前に、管轄税務署に確認する必要があります。

所有権移転登記は、必要書類などもかなり難解です。

というのも、所有権移転登記を行う理由によって、必要な書類や準備しなければいけない登記費用などが細かく違いがあるからです。

その原因理由によって内容が違いますので、こういった場合もやはり法律の専門家へ依頼するということが必要になるでしょう。

書類作成の際には、こうした名義変更等に関する法律の専門用語での記述など主必要になるため、個人ではかなり時間がかかるものとなります。

土地の名義変更サポートサイト Copyright (C) freetickettojapan.com. All Rights Reserved.