土地の名義変更「不明者がいた場合」

土地の名義変更サポートサイト

土地の名義変更・・・相続する人に不明者がいたら?

土地の名義変更「不明者がいた場合」

土地の名義変更等が必要になる財産分与等がしっかり遺書などによって決められていた、もしくは生前贈与等を受けていたということなら問題もないのですが、困ってしまうのが、遺産分割による相続登記です。

相続登記を行う人が明確で、肉親などの周りにいる知った人間であれば問題ないと思います。

所定の手続きを行うことで名義変更ができます。

困ってしまうのが、遺産分割協議を行う時、相続人に不参加となる人間が出てしまった場合です。

相続人の中に連絡がつかない人がいる、消息不明で行方不明という方がいると、問題は大きくなります。

遺産分割協議を行うことができず、この人を除く相続人で話し合いを行って土地の名義変更をしても、「無効」となるからです。

どうしても連絡がつかない行方不明者がいるという場合、家庭裁判所に「不在者財産管理人」を選任してもらい、その方に遺産分割協議に参加してもらう必要が出てきます。

この不在者財産管理人が遺産分割協議に参加することになりますが、その前に、「権限外行為許可申立」という手続きが必要にもなりますので、面倒なのです。

行方不明者を除く相続人全員と不在者財産管理人で遺産分割協議を行い成立となって初めて、相続登記、つまり名義変更等が可能になるということになります。

土地の名義変更サポートサイト Copyright (C) freetickettojapan.com. All Rights Reserved.